乙4自習室NEOトップページへ

特殊引火物--アセトアルデヒドに関する正誤問題

アセトアルデヒドに関する知識の○×問題

危険物取扱者試験合格への近道は繰り返し問題を解くことです(⌒-⌒)。

アセトアルデヒドは特殊引火物であり、極めて危険な物質です。その性質や取り扱い方法に関する問題は、試験でよく出ます。このクイズに出題されている知識はすべて押さえておきましょう。

Loading...

ここでおさらいです。
■特殊引火物の定義■
特殊引火物とは、ジエチルエーテル、二硫化炭素その他1気圧において、発火点が100度以下のもの又は引火点が零下20度以下で沸点が40度以下のものをいう。

○特殊引火物は第4類危険物の中でも特に危険な物質です。
二硫化炭素、酸化プロピレン、アセトアルデヒド、ジエチルエーテルの4つの物質の性質は試験の頻出項目なのでそれぞれの特性の違いをおさえながら、しっかり覚えてください。

参考資料: アセトアルデヒド


▲ページトップに戻る